復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

平成29年1月5日付・読売新聞に記事が掲載されました

平成29年1月5日付・読売新聞に映画「天心」の記事が掲載されました。
「天心の再起 復興に力」銀幕に映える<3>
日本近代美術の父とも言われる岡倉天心。彼の生涯を題材にした映画「天心」(2013年)は、北茨城市が主なロケ地だ。公開から3年以上たつが、多くの人に見てもらおうと、今も県内外で上映会が開かれている。
「新しい日本画の創造を目指した岡倉天心のの再起の物語。東日本大震災から復興に向かう茨城の姿を重ねながら制作しました」
星加正紀プロデューサー(57)は、多くの地元住民らに支えられ、制作断念の危機を乗り越えることができた経緯を振り返った。(以下、紙面へ)

この記事にコメントする