復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2018年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

茨城県天心記念五浦美術館で、平成30年8月31日(金)~10月8日(月・祝) 企画展「金 -KIN-」を開催します。
そして天心の命日である9月2日(日)、同館講堂で映画「天心」が上映されます。
企画展で春草たちの作品を楽しんだ後は、ぜひ「天心」も御覧ください!

平成30年8月31日(金)~10月8日(月・祝)
企画展「金 -KIN-」
日本画における金の魅力を紹介する展覧会。光り輝く金は世界各地で様々な意味や機能を持ち、金箔や金泥は日本の美術工芸品にも好んで用いられました。多様な表現技法が編み出された金は、ときには仏画における聖なるものの表現として、権力者を荘厳するものとして、あるいは日月を表すものとして使用され、自然光の表現に用いられるほか、墨と対比させることで互いの色彩を際立たせる効果も持ちます。近代以降も、日本画において金は重要な画材でした。例えば、五浦の作家である菱田春草や木村武山らは江戸時代の琳派に学んで金屛風を描いたほか、戦後に活躍した片岡球子や上野泰郎らも金の表現に挑みました。本展では近代以降、更なる表現を獲得した金の魅力に迫ります。

関連映画会 9月2日(日)10:00〜、14:00~/講堂/定員114名
「天心」2013年/122分/カラー/日本

idura1idura2

2018年5月16日(水)映画『天心』東京国立近代美術館での上映報告です。
早くも初夏を感じるこの日、国立近代美術館「生誕150年 横山大観展」に併せて、同館地下1階講堂で映画『天心』が上映されました。
今回は、“100年LIFE”を美しく生きる というテーマで活動されている一般社団法人グランジェネレーション アソシエイツさん主催「オープンカレッジ Vol.1 横山大観を観て感じて楽しむ一日 ~近代日本美術を追求した男たちの魂に乾杯~」での上映です。
展覧会場で大観の作品を中村獅童さんの音声ガイドと共に堪能された後、その獅童さんが演じた大観と師である岡倉天心との師弟愛と葛藤とを描いた映画『天心』を観て、そして同館付属の「ラー・エ・ミクニ」で乾杯という、大観にどっぷりと浸かった贅沢な一日となりました。
グランジェネレーション アソシエイツの新村代表理事様、大浦副代表理事様、東京国立近代美術館の神代館長様、そしてご来場された皆さま、本当にありがとうございました!!
DSC_1123DSC_1126DSC_1139Image2Image3Image4

国立近代美術館での「生誕150年 横山大観展」に併せて、同館地下1階講堂で映画『天心』が上映されます。
2014年9月23日~11月3日、同館で開催された「菱田春草の生誕140年記念展」での上映に続いてこれで2回目です。
今回は下記のとおり、“100年LIFE”を美しく生きる というテーマで活動されている一般社団法人グランジェネレーション アソシエイツさんの主催事業「オープンカレッジ Vol.1 横山大観を観て感じて楽しむ一日 ~近代日本美術を追求した男たちの魂に乾杯~」です。
『夜桜』など大観の作品を中村獅童さんの音声ガイドと共にじっくりと堪能された後、その獅童さんが演じた大観と師である岡倉天心との師弟愛と葛藤とを描いた映画『天心』を観て、そして同館付属の「ラー・エ・ミクニ」での懇親会という、まさに大観にどっぷりと浸かる本当に贅沢な一日です。
どうぞ、皆さまのご参加をお願い申し上げます!!

オープンカレッジ Vol.1
横山大観を観て感じて楽しむ一日
~近代日本美術を追求した男たちの魂に乾杯~

GGAでは「生誕150年 横山大観展」に合わせてイベントを主催いたします。
急激な西洋化の荒波が押し寄せた明治という時代の中で、日本の伝統美術の優れた価値を認め、近代日本美術の発展に大きな功績を残した大観の師である岡倉天心。その壮絶な創作人生を描いた映画「天心」を講堂にて鑑賞していただけます。
日本の美を観て感じていただいた後は、新緑が美しい皇居を望む絶好のレストラン、ラー・エ・ミクニでの懇親会。 スパークリングワインとフィンガーフードでアートの余韻をゆっくりお楽しみください。

事前予約制
日時:2018年5月16日(水) 受付11:15~11:45
※チケットをお渡しします。
集合:東京国立近代美術館正面入口付近
※お申込み後に、詳しくご案内させていただきます。
会費:¥4,500
会費は、横山大観展チケット代、映画「天心」鑑賞代、「ラー・エ・ミクニ」でのワンドリンク代を含みます。
(お振込手数料は、お客様にてご負担願います。)
※オープンカレッジ Vol.1 記念特別価格になります。
申込締め切り:5月10日(木)
※お席に限りがございますので、お早目にお申込み下さい。
オープンカレッジ内容
1:生誕150年横山大観展
《受付後、各自自由鑑賞》
近代日本画壇のトップである大観は、1500点を超える富士の絵を残し、40メートル超えの水墨画の絵巻を描いています。今回は、夢の共演《夜桜》《紅葉》の同時展示が実現します。
2:映画上映「天心」
《地下1階講堂  13:00~16:00》
近代日本画の発展に貢献した、大観の師である岡倉天心。新しい美を生み出そうと苦闘する天心と若き画家たちの葛藤と師弟愛の物語です。壮絶なまでの創作人生が描かれています。
3:「ラー・エ・ミクニ」で美味しいアートを堪能
《ラー・エ・ミクニ  16:00~17:00》
「芸術と料理」をテーマに、フレンチとイタリアンの融合を三國清三がプロデュース。スパークリングワインで乾杯!緑豊かな皇居を望むダイニングでアートを全身でお楽しみください。
お申込み・お支払い
銀行振込または「Peatix」をご利用ください
メールフォームでお申込み(銀行振込)
https://gga.or.jp/events/
CCI20180425CCI20180425_0001Image1Image2

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、展覧会を開催します。
東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると脱してみせました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。
本展では、40メートル超で日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作に、数々の新出作品や習作などの資料をあわせて展示し、制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探ります。
総出品数約90点を展観する大回顧展です。
そして、音声ガイドのナビゲーターは中村獅童さん!
本展の魅力をよりわかりやすくお伝えする音声ガイドのナビゲーターに、歌舞伎役者、俳優として活躍する中村獅童さんの出演が決定しました。中村獅童さんは、2013年に公開された映画「天心」で、横山大観役を演じました。
http://taikan2018.exhn.jp/

会場:東京国立近代美術館 (東京都千代田区北の丸公園)
会期:2018年4月13日(金)~ 5月27日(日)
開館時間:10:00~17:00(金・土曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)
観覧料:一般1,500円・大学生1,100円・高校生600円
00089482

平成30年3月30日(金)、五霞町での特別試写会です。
桜満開、春爛漫の快晴の下、ついに茨城県全44市町村上映がここ五霞町で完遂です。
平成25年9月21日、東日本大震災からわずか1年半後に北茨城市「ふれあいセンター」で『天心』の上映が始まりました。
当時はまだ強い余震もあって、常に緊張感を持って上映していたことを今でも思い出します。
しかしそこからスタートして全国、そして世界へと『天心』の上映は羽ばたいていきました。
4年半かかりましたが、茨城県全44市町村を回れたことに対して、県民の皆さまおよびここまでご協力いただいた方々に改めて御礼申し上げます。
本当にありがたいことに、どの市町村でも早朝から並ばれて満席となるお客様をお迎えすることができ、私たちも『天心』を作り、上映することの喜びを感じている次第です。
「映画を待っている人たちがいる」、これは『天心』の企画当初から茨城の人たちから言われたことです。
久しく映画を観てなかった方々にとって、映画は一つの「場」だったと思うのです。
『天心』の上映会でも、皆さんが懐かしく行き会う場面を私たちは沢山見てきました。
『天心』を通じてそのような交流の場が出来たことも私たちの誇りですし、この活動はずっと続けていきたいと思います。
五霞町のみなさん、本当にありがとうございました!!
DSC_1018DSC_6114

平成30年3月18日(日)、春らしく暖かな一日、桜の開花も間近な茨城県八千代町での上映会です。
主催・やちよシネマクラブ、後援・八千代町、八千代町教育委員会によるこの上映会に、朝から沢山のお客様が会場の八千代町中央公民館大ホールに詰めかけて頂きました。
午前の会は、やちよシネマクラブ北島直廣会長と谷中聰八千代町副町長のご挨拶を頂き、午後の会は北島会長と赤松治八千代町教育委員会教育長のご挨拶を頂戴しました。
上映後は、松村克弥監督によるトークショーで大いに盛り上がりました。
八千代町のみなさん、本当にありがとうございました!!

DSC_6068DSC_0972DSC_0974DSC_6058DSC_6064DSC_6069DSC_0976

平成30年2月4日(日)、大寒波が続く中で久しぶりに天候に恵まれた鉾田市での上映会です。
ここ鉾田市は茨城県内44市町村で42番目の上映となりました。
鉾田中央公民館主催による映画鑑賞会は、会場の大洋公民館大集会室に開場前より溢れんばかりのお客様が詰めかけて頂きました。
さてお待ちかねの開演となり、鉾田中央公民館の沼田隆政館長からのご挨拶に続いて、なんと石井竜也さんがこの映画『天心』のために作詞作曲した主題歌『亜細亜の空』を沼田館長自らが生ギターを演奏して歌っていただくという、一大サプライズ!!
ここまで6年にわたり130ヶ所以上『天心』の上映を続けてきましたが、『亜細亜の空』の生演奏はもしかして最初にして最後かもしれません。
上映後は、星加プロデューサーによるトークショーで大いに盛り上がりました。
鉾田市のみなさん、本当にありがとうございました!!

DSC_0871

平成30年1月27日(土)、茨城県つくばみらい市での特別試写会です。
つくばみらい市は、「ワープステーション江戸」という時代劇のオープンセットが建ち並ぶ、国内でも有数の野外型ロケ施設を擁しています。
江戸時代はもちろんのこと、戦国から昭和までの幅広い時代設定が可能であり、お堀や太鼓橋、戦国砦や城郭、長屋や旅籠等、豊富な景観を舞台に、歴代のNHK大河ドラマはじめ多くの映像作品が撮影されている言わば「聖地」です。
『天心』でも、狩野芳崖が住む長屋や春草と妻・千代の家として重要なシーンはここ「ワープステーション江戸」で撮影された大変思い出深い地です。
2012年11月末、「筑波おろし」が吹きすさぶ厳しい中での撮影は、芳崖を演じた温水洋一さんも「とにかく寒かった」と後々まで述懐していました。
そして、エキストラとしても市内の方々に沢山参加していただきました。
今回は、つくばみらい市のご協力により市内の文化団体の皆さまにお声がけして特別試写会を開催いたしました。
皆さま、ありがとうございました!
DSC_0835DSC_0832

平成29年11月19日(日)早くも冬かと思わせるような寒さですが、「河内米」ブランドで有名な「空と緑と金色の穂平線(すいへいせん)の見えるまち」茨城県稲敷郡河内町での上映会です。
そして茨城県内44市町村のうち、ここ河内町がいよいよ40市町村目の上映となりました。
いつものように会場の河内町農村環境改善センター多目的ホールには、早朝より沢山のお客様が詰めかけて頂きました。
今回は河内町教育委員会の主催により開催されることになりました。
冒頭、雜賀正光河内町長よりご挨拶を頂戴し、上映は順調にスタート。
上映後は、星加プロデューサーによるトークショーで大いに盛り上がりました。
河内町のみなさん、本当にありがとうございました!!
DSC_1006DSC_0767DSC_1003

平成29年10月22日(日)、折からの超大型台風21号と衆院選挙投票日という、上映会にとってこれ以上はないという悪条件にも関わらず沢山のお客様にご来場いただきました。
文字どおり足元が大変悪い中、この上映会を目指して来ていただきました皆さまには心よりの御礼を改めて申し上げます。
横浜市開港記念会館100周年として、この地で生誕した岡倉天心を顕彰する第22回「天心サミットin横浜」を午前中に開催。
そして、午後から映画「天心」の上映会が開催されました。
今回はスペシャルゲストとして、若き日の天心を演じた大和田健介さんがトークショーに登場。
大和田さんも父方が福井出身、そして彼自身も横浜生まれの横浜育ちという、天心と同じルーツを持っており因縁を深く感じたと語っていました。
共催して頂いた岡倉天心横浜顕彰会、そして後援いただいた横浜市教育委員会および公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、協力の株式会社有隣堂に感謝申し上げます。
みなさま、本当にありがとうございました!