復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2017年1月
« 10月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

いよいよ、県北最後となる東海村での上映です!!

平成29年2月18日(土)東海ワンコイン劇場特別編
【会場】東海文化センター
【上映スケジュール】〔1回目〕10:00 〔2回目〕13:30 〔3回目〕17:00
◎各回の上映後に監督・プロデューサーによるトークショー(約20分)があります!
【入場券販売】1月21日(土)~
全席自由 500円(税込)
※3歳以上は有料となります。入場券は1枚につき1回、1名様に限り有効
●窓口販売 9:00~/●電話予約13:00~
※窓口販売で完売した場合、電話予約は行いませんのであらかじめご了承ください。
※上映会当日、会場には午前9時30分から入場できます。
※ホール内での飲食は厳禁となります。飲食の際は休憩室をご利用ください。
【お問い合わせ】(公財)東海村文化・スポーツ振興財団(東海文化センター)☎029-282-8511
主催:(公財)東海村文化・スポーツ振興財団
共催:東海村教育委員会/映画「天心」製作委員会
後援:東海村

tenshina4_omote_170218toukai

平成29年1月5日付・読売新聞に映画「天心」の記事が掲載されました。
「天心の再起 復興に力」銀幕に映える<3>
日本近代美術の父とも言われる岡倉天心。彼の生涯を題材にした映画「天心」(2013年)は、北茨城市が主なロケ地だ。公開から3年以上たつが、多くの人に見てもらおうと、今も県内外で上映会が開かれている。
「新しい日本画の創造を目指した岡倉天心のの再起の物語。東日本大震災から復興に向かう茨城の姿を重ねながら制作しました」
星加正紀プロデューサー(57)は、多くの地元住民らに支えられ、制作断念の危機を乗り越えることができた経緯を振り返った。(以下、紙面へ)