復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

大変遅くなりましたが、こちらでもお知らせし、
6/7,8に行なわれました「画廊の夜会」イベントの様子を
ご報告致します。

ぎゃらりぃ秋華洞さまとのコラボ企画として
大観、観山、春草などの本物の絵が展示される中、
映画の撮影風景のスチールを展示して頂きました。

6/7には、松村監督も秋華洞さまを訪れ、
お客様に撮影秘話などをお話しました。

当日は、200名ほどのお客様にお越しいただき、
映画「天心」にも関心をお寄せくださっている様子でした。

会場にお越しくださった皆様、ありがとうございました。
そして秋華洞様、大変お世話になりまして
ありがとうございました。

展示の様子など、秋華洞さまからお借りしましたお写真を
掲載させて頂いております。
また、フェイスブックでもご紹介くださっていますので、
ぜひ、そちらも併せてご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/Shukado.Japan.Art?ref=stream&hc_location=timeline

 

 

 

 「笹と鶯」 横山大観

左:「帰帆」菱田春草 右:「雨後」横山大観

「勇駒」下村観山

 「朽木小禽」橋本雅邦

 

左:「雨後」横山大観と「天心」スチール

 

松村監督と木下プロデューサー

日頃より、映画「天心」への温かいご声援、ご支援
ありがとうございます。

2013年6月11日付、読売新聞(福井)に
県を上げて、天心生誕150年を盛り立てていらっしゃる
様子が報じられました。

岡倉天心生誕150年 福井県がPR

 

天心ゆかりの地である茨城県、福井県に始まり、
全国的に岡倉天心の名が広がっていき、
一人でも多くの方に映画をご覧頂けますよう、
今後も、皆様からのあたたかいご支援、ご協力のほど、
よろしくお願い致します。

 

 

 

 

茨城県天心記念五浦美術館にて、天心・波山記念事業プレ企画
所蔵品展「天心と日本美術院の画家たち―サースビーコレクションを中心に」
開催されます。

天心直筆の作品や木村武山の「阿房劫火」の展示もあり、
入館料は、一般180円と大変、良心的です。
映画公開前に、作品をご鑑賞いただくと
より一層、映画をお楽しみ頂けるかと思いますので、
ぜひ、この機会に茨城県天心記念五浦美術館へお越しくださいませ。

 

【会 期】平成25年6月14日(金)〜8月4日(日)

【開館時間】午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】月曜日(ただし、7月15日[月・祝]は開館、7月16日[火]は休館)

【主 催】茨城県天心記念五浦美術館

【入館料】一般180(140)円/高大生110(80)円/小中生80(50)円

※( )内は20名以上の団体料金
※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等を持参の方は無料

【お問合せ先】茨城県天心記念五浦美術館
〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
TEL:0293-46-5311 FAX:0293-46-5711

 

 

 

 

<東日本大震災復興支援~岡倉天心生誕150年・没後100年記念~
「これぞ日本画!」コラボ企画 映画「天心」撮影風景スチール展示>

ぎゃらりい秋華洞さんによる展覧会「これぞ日本画!」のコラボ企画として、
天心ゆかりの作品が展示され、また、映画の撮影風景のスチール展示も
行なわれます。

これまで日本画にあまり関心をお持ちでなかった方も
日本画を観賞するいい機会だと思います。

また、6月7日(金)17:00~21:00には 、
松村克哉監督も会場で皆様のお越しをお待ちしております。
ぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、ご来場くださいませ。

 

【展覧会期間】

2013年6月7日(金)~2013年6月16日(日)会期中無休

平日 10:00~18:00  日・祝 11:00~18:00

 

【会場】

ぎゃらりい秋華洞 アクセスは、こちらのページをご覧ください。

入場無料

 

 

<画廊の夜会>

ぎゃらりい秋華洞さんも参加していらっしゃいます、
「画廊の夜会」というイベントが行われます。

こちらのイベントは、画廊に入りづらいなどと感じていらっしゃる方々に、
気軽に作品を楽しんでいただこうというアートイベントだそうです。

こちらも、皆様お気軽にご参加くださいませ。

 

【開催日時】

2013年6月7日(金)17:00~21:00
2013年6月8日(土)11:00~17:00
http://www.ginza-galleries.com/yakai.html

※ 「画廊の夜会」に参加している画廊には
共通の目印「提灯」が設置してあります。

 

【画廊の夜会に関するお問い合わせ先】

銀座キャラリーズ「画廊の夜会」事務局
info@ginza-galleries.com

 

 

生活の友社より出版されています「ART Collectors’」
2013 No.51(2013年5月25日発売)に、
映画「天心」が紹介されています。

「見て楽しむ、買って楽しむをキーワードに、
現代美術から古美術まで、オールジャンルで最新アートを紹介する」
月刊誌とのことです。

アートに関心のある女性の皆さん(もちろん男性の方も)、
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

詳細はこちらのページをご覧くださいませ。

 

 

  

日本映画撮影監督協会から出版されている
「映画撮影」という業界誌の2013年5月15日発売 No.197に、
カメラマンの瀬川 龍さんによる撮影報告が
4ページにわたり掲載されています。

体調を崩されながらのロケの様子や、
現在、一般公開されている日本美術院のロケセットについて、
赤ちゃんや海という、
通常、なかなか思い通りにできないもの相手の撮影に関してや、
最後に、茨城県の様々な機関、企業、団体、地元の方々の協力に対する
思いも綴られています。

多くの方々のご協力、ご支援もあり、
思いが込められた作品であることも伝わってくる
素晴らしい撮影報告だと思いますので、
ぜひ、お読みになってみてください。

ジュンク堂など大手書店や、
こちら(Fujisan.co.jp)からもお求めいただけます。
1冊800円です。