復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

 

4月6日、8日、9日ハワイ国際映画祭において、映画「天心」が正式招待作品として上映されました。

これにあわせて、映画「天心」を上映する会の城之内代表をはじめとする応援団12人と松村監督、木下プロデューサーがハワイを訪れました。

会場は、ワイキキからダウンタウン方面に向かったREGAL Dole Cannery Cinemas 18。スクリーンが18もある大きなシネコン。

6日と8日は、舞台挨拶と上映後のQ&Aをさせていただき、茨城の風景の美しさや日本の美術に関する質問などがあり、来場された方々の興味の深さを感じました。

9日の上映には、日本に帰ってしまったため立ち会えませんでしたが、ほぼ満席というご報告を受け、大変うれしい限りでした。

また、KORL97.1FMやKZOO(AM)といった日本語ラジオ放送に出演させていただき、「天心」について語ってきました。

来場者の方の映画「天心」に対する評価は大変高く、海外でも受け入れられると確信しました。

最後に、ハワイ国際映画祭のスタッフやボランティアのみなさんには大変お世話になりました。

ありがとうございました。

4月19日(土)春らしく暖かな中、「天心」の上映会が筑波銀行本部10階大会議室で開催されました。
当日は、筑波銀行様の有志がボランティア・スタッフとして全面的にご支援いただき、本当にありがとうございました。
そして劇中、明治期の日本美術院五浦研究所で大観・春草・観山・武山の4人が修行僧のように画業に勤しむ有名な写真を撮ったカメラマン役として、地元つくば市出身の若手俳優・青木健さんが特別ゲストとして登場。
青木さんならではの撮影秘話が紹介され、会場は大変盛り上がりました。
筑波銀行様とつくば市の皆さんに支えられた、アットホームで素晴らしい上映会を催すことができ心より感謝いたします。

 

このたび、つくば市様および筑波銀行様のご支援により、つくば市で映画「天心」が上映されます。
ぜひ、この機会に御覧ください!

4月19日(土)①10:30上映(開場10:00) ②14:00上映(開場13:30)
筑波銀行本部ビル10階大会議室(つくば市竹園1-7)
入場料(税込) 一般1,300円、 シニア(60歳以上)1,000円、小中高800円 全席自由・先着順
※映画「天心」製作協力券、及び全国共通特別鑑賞券もご使用になれます。
チケットはプレイガイドで絶賛発売中! 
つくばカピオ ☎029-851-2886 
ノバホール ☎029-852-5881 
お問合わせ先 ☎:090-3087-2495(谷田部) FAX:020-4669-2828
主催・映画『天心』を上映する会 協賛・筑波銀行 地域復興支援プロジェクト『あゆみ』

4月6日(日)小美玉市小川文化センター「アピオス」で、映画「天心」の上映が開催されました。
ここは、市民を中核とする小美玉市文化協会が独自の事業を展開しており、まさに草の根の素晴らしい上映会となりました。
暖かな午前と突然雨が降り始める午後と言う春の不安定な天候でしたが、幸いにもお客様は雨に遭うことなく、穏やかに映画をご覧になられたと思います。
そして、会場は市民の皆様で満杯!
本当に素晴らしいです。
いつもは舞台挨拶している松村監督がハワイ国際映画祭へ出張のため、今回はサプライズ・ゲストとして横山大観の妻である直子役を演じた鈴木聖奈さんが登壇!!
聖奈さんならではの撮影裏話で大いに盛り上がりました。
更に、終演後は「天心」のビジュアル・デザイナーである地元の藤代範雄先生の特製ポスターと聖奈さんのサイン入りパンフレット販売と握手会。
これには、会場のお客様も大興奮。
小美玉市の皆様、本当にありがとうございました!

映画「天心」に寄せて、映画『黄泉がえり』『この胸いっぱいの愛を』の原作者としても知られる作家の梶尾真治さんよりコメントを頂きました!

~「天心」を推します~

日本の伝統美を守ったという表面的知識しかなかった岡倉天心の半生を描破した本作。
その目的を果たすための、狂気の一歩手前の妄念とも煩悩ともつかない行動力は、開いた口が閉じない迫力。
天心という人物が、はったり屋の詐欺師だったのか、真のカリスマだったのか、ぜひともあなたご自身の目でご確認ください。とにかく、天心のキャラクターに圧倒されること確実です。

梶尾真治 (作家)

映画「天心」に寄せて、タレントのパックンさんより絶賛コメントを頂きました!
パックンことパトリック・ハーラン(Patrick Harlan)さんは、フェノロサと同じハーバード大学出身なだけでなく、天心の故郷である福井県で英語を教えていました。
100年を越えて天心と繋がるパックンさんからの絶賛コメントです!

明治維新以来、荒波に打ちつけられ続けている現在の日本にも天心が必要なのかもしれない。ありきたりのものに満足しない、新しい何かを生み出すクリエーター、その才能を育てる指導者、その作品を世界に発信するコミュニケーター。そんな能力、そんな存在が今こそ不可欠であろう。「天心」には感動も娯楽もあるが、他と違って、インスピレーションやモチベーションもくれるのだ。日本を信じて、その良さを新たに開発していこうと心を決めるきっかけにもなる貴重な物語だ。
パックン(パックンマックン)

いよいよ、4月6日(日)小美玉市小川文化センター大ホール(アピオス)にて「天心」が上映!!
皆様のご来場を、心よりお待ちしております!
そして、スペシャル・ゲストも登場か!?
乞うご期待!!
上映日時:2014年4月6日(日) 開場13:30/上映14:00
会場:小美玉市小川文化センター大ホール(アピオス)
入場料(税込):一般1,300円、 シニア(60歳以上)1,000円、中高生 800円(全席自由席)
プレイガイド:小川文化センター(アピオス)☎0299-58-0921<お問い合わせ先>
        四季文化館(みの~れ)☎0299-48-4466
        生涯学習センター(コスモス)☎0299-26-9111、
主催・小美玉市文化協会 後援・小美玉市・小美玉市教育委員会 協力・映画『天心』上映する会 製作・映画「天心」製作委員会 

 

芸術の道は厳しい、と言うは易い。
だが、その厳しさの具体的な姿を思い浮かべられる人がどれだけいるだろうか。
妻子を貧乏や飢えに陥らせようと、己の信じる道を歩む。
それができない者は、芸術に殉じる覚悟を持ち得ない。
大観、春草、観山、武山。天心が見込んだ弟子たちは日本画の究極を目指し、果てしない修業を続ける。
常陸灘の荒波がその難行を際立たせ、われわれ観客を粛然とさせるのだ。
芸術に打ち込む者たちの崇高な思いがここにある。
松村克弥監督は、天心たちも見た現地の風景を十分に生かす中で明治の峻烈な芸術家精神をみごとに再現した。
映画評論家 寺脇研(映画プロデューサー 京都造形芸術大学教授)

私 はこれまで、岡倉天心を“生臭い”人物だと思ってきた。
だが、教科書に載る歴史上の偉人としての天心は、多くの人にとって“生臭い”とは 思われてこなかった。
この映画は、そんなギャップを埋めるために大きな役割を果たすと思う。
アカデミズムの頂点に立つ人物がスキャンダルにまみれ、都落ちし、海外に活路を求める。
しかし、そんな天心も、没後の神格化によってその実像がぼやけてしまった。
だから、天心生誕150年、没後100年のいまに至っても、日本画、院展、大観といった決まり文句の権威がはびこる。
天心も大観も春草も観山も、必死だった。少なくとも若いころは。
だが、大観が天心という御輿を担ぎ、大観に続く凡庸な画家たちがさらに大観という御輿を担いで、日本画は実質的に滅びてしまった。
いま、“生臭い”天 心の姿を直視することによって、ようやく日本画の、日本美術史の再生がはじまるのだと思う。
この映画を観て、そんなことを考えさせられた。
美術評論家 山下裕二(明治学院大学教授)