復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

2月22日(土)・3月19日(水)・3月21日(金・祝)・3月28日(金)の4日間に渡り、大観、春草らの名作を展示する『日本美術院再興100年・世紀の日本画』展を開催中の上野・東京都美術館講堂で「天心」の上映会が催されました。
特に19日と21日は超満員で多くのお客様が入場できなかったため、急遽28日に追加上映を致しました。
ご入場できなかったお客様、本当に申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げます。
また、19日は常陸宮両殿下がお見えになり「天心」をご鑑賞いただくという栄誉。
両殿下は、茨城の復興支援のためになれば、というお気持ちからだそうで本当にありがたい限りです。
企画展では芳崖の『悲母観音』や大観の『屈原』など劇中に登場する作品はもちろん、天心の遺産とも言うべき日本美術院が誇る名作の数々が展示。
水戸の近代美術館と同じく、映画と作品の素晴らしいコラボレーションを多くのお客様が堪能されたと思います。
関係者の皆様、本当にありがとうございました!!

3月16日(日)、ようやく春らしく暖かくなった水戸の近代美術館講堂で「天心」の上映会が開催されました。
同館の企画展「天心の思い描いたもの~ぼかしの彼方へ~」に併せての緊急企画だったため、告知期間が短かったにも関わらず、開館前から大勢のお客様が並んで頂き、本当に感謝いたします。
スペシャル・ゲストにお迎えした九鬼男爵役で水戸出身の渡辺裕之さんは,舞台挨拶と展覧会でのギャラリートークという豪華な二本立ての企画にお客様も大喜び。
大観、観山、春草、武山の朦朧体期から院展再興までを中心にした展示によって、天心が目指した芸術の理想(イデア)を実現せんと苦闘した作家たちの生き様を映画と作品の両方を一挙に体験できる素晴らしい機会で、とても充実した上映会でした。
水戸の皆様、本当にありがとうございます。
そして開催実現にご尽力いただいた関係者の皆様、お疲れ様でした!!

東京都美術館講堂で開催されている「世紀の日本画」展にあわせて、3/19(水)と3/21(金・祝)に映画「天心」の上映会を1日2回実施しましたが、おかげさまで、全回満員となりました。ありがとうございます。

そこで、急遽3/28(金)に追加上映を行うこととなりました。

11時開演(開場10時30分)、14時30分(開場14時)

の2回上映となります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

 

現在,茨城県近代美術館( 茨城県水戸市千波町東久保666-1)では,企画展「天心の思い描いたもの」を好評開催中(3月21日まで)ですが,来る3月16日(日),映画「天心」に出演された渡辺裕之さんを迎えて,映画の上映とギャラリートーク(学芸員案内による展覧会鑑賞)を行うことが決定しました。
「天心」についてご存じでない方も,美術にあまり興味がないという方も,この機会に茨城県ゆかりの人物「岡倉天心」の一面を知っていただければと考えております。
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
お問合せ:090-3087-2495(谷田部)

1 映画「天心」上映とスペシャルトーク
○主催者:映画「天心」を上映する会
○協 力:近代美術館/天心・波山記念事業実行委員会
○会 場:県近代美術館 講堂(地階)
○日 時:3月16日(日)
1回目 10:00~12:30 (1回目のトークは上映後)
2回目 14:15~16:45 (2回目のトークは上映前)
○料 金:一般 1,300円 シニア 1,000円 学生800円
(製作協力券・全国共通特別鑑賞券で鑑賞可)
※企画展入場券をお持ちの方は100円引き
○内 容:トークでは渡辺裕之さんと松村監督が映画の裏話なども披露

2 企画展「天心の思い描いたもの」ギャラリートーク
○主催者:県近代美術館/天心波山記念事業実行委員会
○会 場:県近代美術館 展示室(1階,2階)
○日 時:3月16日(日)13:00~13:50
○料 金:企画展入場券をお持ちの方はどなたでも参加できます。
【企画展入場料】
一般1,050円(950円) 高大生830円(700円) 小中生470円(350円)
※映画チケットをお持ちの方は( )内の料金(団体料金)
○内 容 作品解説を聞きながら鑑賞。担当学芸員ならではのとっておきエピソードなども

小雪舞う3月2日(日)、高萩市文化会館にも沢山のお客様が開場前から並んで頂き、本当にありがとうございました。
お陰様で、超満員!!
「天心」では、高萩の素晴らしい海岸のシーンを撮影しているだけでなく、地元の佐藤香織さんが木村武山の妻役で出演。
佐藤さんは、県内で行われたオーディションに見事受かっての出演です。
県北ではよく知られた岡倉天心や大観、春草、観山、武山らの物語ですが、会場では改めて天心の偉業を振り返るレクチャーもあり、そして監督に加えて佐藤香織さんとの楽しいトークもありで、本当に充実した上映会でした。

3月1日(土)、取手市民会館で上映会を開催いたしました。
当日は、早朝から多くのお客様が会場前に並んでいただいており、関係者一同深く感謝します。
取手市は、「天心」がまだ海のものとも山のものとも分からない企画当初から、藤井信吾市長はじめ多くの市民に支えて頂いた、作品にとって謂わば「生みの親」とも言える地であり、ここで上映することが松村監督の悲願でもありました。
そして取手と言えば、天心が創設に奔走した東京芸術大学がキャンパスを構え、アートを市民がこよなく愛する町としても有名です。
舞台では、「生みの親」たる藤井市長の挨拶に続き、天心を五浦に案内した北茨城の日本画家・飛田周山役を演じた取手在住の俳優、城之内正明さん、同じく取手在住で劇中の日本画を描いた東京芸術大学出身の四宮義俊さん、そしていつもの松村監督の楽しいトーク。
四宮さんからは画家ならではの撮影苦労話し、東京・根岸の九鬼波津子邸シーンを取手の金門酒造(取手市青柳65)で撮影したこと、そして新取手自治会はじめ市民による炊き出しボランティアが撮影チームを支援して頂いたことなど、本当に寒かったあの日々を皆で語り合いました。
取手市の皆さん、本当にありがとうございました!!