復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

3月12日(土)筑西市上映が『広報筑西Peopleお知らせ版・平成28年2月15日号』に掲載されました。
みなさま、どうぞお越しください!!

◆東日本大震災から5周年◆
復興支援映画「天心」筑西市上映会・松村監督の舞台挨拶あり!
筑西が産んだ、陶芸家・板谷波山の師である岡倉天心の生涯を描いた映画「天心」が、筑西市で初めて上映されます。
茨城の素晴らしい自然を舞台に、天心と横山大観、菱田春草、木村武山、下村観山ら弟子との葛藤と師弟愛の物語をぜひご覧下さい。
○平成28年3月12日(土)上映①10:30②14:00(各回30分前開場)
○筑西市立生涯学習センター(ペアーノ)市民ホール(筑西市舟生1073番地21 ☎0296-37-7803)
○[前売券]一般・ シニア1,000円、中高生800円 消費税込、全席自由(各回先着500名)
○[販売所]㈱マルシン ☎0296-24-3311/㈱マスゼン ☎0296-22-2228/ ㈲諏訪書店 ☎0296-24-5396/㈱ブックエース下館店 ☎0296-24-3865
※お早めに上記販売所でお買い求め下さい
後援:筑西市/筑西市教育委員会/筑西市文化協議会/下館商工会議所
主催:映画『天心』製作委員会/映画『天心』を上映する会
お問合せ:映画『天心』製作委員会 ☎070-5021-9979
Image1

いつもお世話になっています茨城県鹿行地域のタウン誌『マイ・タウン21』1月10日号で、地元のロケ地紹介で「天心」が掲載されました。
鹿行は松村監督の母の故郷だけでなく、初代水戸藩主・徳川頼房の領内巡視の際の宿泊所、また水戸藩南部の藩政事務所として、寛文期(1661~72)に建てられ茨城県指定有形文化財である「大山守大塲家郷士屋敷」(行方市玉造甲4533-3)を保存する歴史ある街です。
映画では「大山守大塲家郷士屋敷」を谷中初音町八軒家時代の横山大観宅に見立て、そこに菱田春草が訪ねてくるという場面と、五浦時代の大観一家の暮らしという設定で2012年12月撮影しました。
八軒家シーンは、大観役の中村獅童さんと春草役の平山浩行さんが座敷で対座し、その向こうに日本の美術界から排斥された天心を描いたとされる大観の大作『屈原』。
屈原は春秋戦国時代の詩人であり、そして政治家として秦の張儀の謀略を見抜き、踊らされようとする懐王を必死で諫めたが受け入れられず、楚の将来に絶望して入水自殺した人物です。
師である失意の天心に対して、大観と春草の不安な心情を『屈原』を通して語るという重要なシーン。
しかし、『屈原』からオーバーラップされた天心は、白砂青松を誇る福島の舞子浜でなく、奇岩が並ぶ茨城の五浦を選び、ここを東洋のバルビゾンと呼び芸術のユートピアにすることを決意します。
映画のみならず、天心にとっても、日本美術にとっても大きなターニングポイントになったシーンが「大山守大塲家郷士屋敷」で撮影されたのです。
この撮影にとって最大の難関は、美術スタッフが総力で再現した縦1.3m×横2.9mもの実物大『屈原』を、江戸時代の有形文化財を傷つけることなく搬入できるかということでした。
どこまでもリアリティに拘る私たちにとって『屈原』は実物大でなければならず、しかし今と違って狭い間口の屋敷に果たして無事運び入れることができるのか、スタッフ会議でも問題となりました。
その結果、美術部は屋敷の寸法を測り搬入ルートを慎重に設定し、「これなら行ける」という結論を得て、見事に大観と春草の素晴らしいシーンが実現できました。
一方、五浦時代は大観が映画でも述懐しているように芸術的にも経済的にも最も苦しかった頃、先妻を3年前に亡くした大観は天心に言われるがまま五浦へと老母と若き後妻を連れて行かざるを得ず、赤貧に明け暮れます。
五浦時代の大観を支えた妻・直子を演じた鈴木聖奈さんと獅童さんとのシーンがここで撮影されましたが、同じ大塲家だとお気づきでしたか?
鹿行地域では映画製作のみならず、上映など本当に多くの皆さまからのご協力に支えられてますことを改めて深く感謝申し上げます。
皆さま、ありがとうございます!!
mytown