復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

 明治時代の美術思想家岡倉天心を題材にした映画「天心」の撮影やPRに協力しようと、北茨城市に10日、「映画『天心』を支援する会」が発足した。市内外から会員を募り、ロケ現場での見学者の誘導など様々な活動に取り組む。
 同会は昨年3月7日に発起人会を設置したが、東日本大震災の発生で活動を休止。この日市商工会館で発起人会を開き、正式に発足を決めた。
 会長に就任した大森広幸・市商工会長は終了後の記者会見で「映画が地域経済の活性化や観光振興の一助となり、復興を加速する存在としてアピールできるよう貢献したい」とあいさつ、松村克弥監督と握手を交わした。
 同会には、市がロケセットの建設費用として2000万円の補助金を支出する。天心が日本美術の研究のために移り住んだ同市の五浦海岸にある五浦岬公園に日本美術院研究所を復元し、撮影終了後に観光資源として活用する。同会事務局は市商工会(0293・42・2511)。
(2012年10月11日  読売新聞)

映画「天心」のエキストラを募集します。詳しくは当サイトのトップページをご覧下さい。

2013年秋公開・映画「天心」
エキストラ・オーディション要項
~茨城県内ロケに参加しませんか!~
脚本:我妻正義・松村克弥/監督:松村克弥
主演:竹中直人
近代日本画をリードした岡倉天心。その弟子の横山大観・菱田春草・下村観山・木村武山らのとの師弟愛や葛藤をテーマとした映画「天心」のエキストラとして参加してくださる方々のオーディションを行います。
多くの皆さんのご応募、お待ちしております!!
【応募資格】年齢・性別・国籍・経験は不問
1.未成年者は必ず保護者の同意を得ること。
2.「明治」の時代設定の為、撮影時には金髪・長髪不可に同意のこと。
3.撮影スケジュールに順守し、かつ一定の拘束時間に事前了承できる人。
【応募方法】下記項目を葉書もしくは、映画「天心」オフィシャルサイト(http://eiga-tenshin.com/official/)のお問合せフォームか、メールアドレス(official@eiga-tenshin.com)にてお申し込みください。
タイトルに「エキストラ・オーディション申込」と必ずお書きください。
1.氏名(ふりがな)
2.性別
3.年齢
4.住所(郵便番号も記入)
5.電話番号(自宅及び携帯電話)
6.E-mail(携帯、パソコンも可)
7.保護者の同意欄(18歳未満の場合)
8.希望会場(下記【オーディション日時・会場】をご参照下さい)
【参加内容】映画「天心」における様々なロケシーンでのエキストラ出演
撮影場所:北茨城市・水戸市・土浦市等
撮影期間:11月下旬~12月末
【選考方法】監督等映画関係者によるオーディション面接(グループ面接の場合もあり)
【応募締切】10月20日(土)必着
【応募先】 〒156-0044 東京都世田谷区赤堤2-12-5-402
      映画「天心」製作委員会 エキストラ・オーディション 担当:河本隆
電話:070-5021-5399
      official@eiga-tenshin.com

【オーディション日時・会場】
坂東会場
10月27日(土)15:30~
坂東市 岩井商店街 歩行者天国内 特設会場

北茨城会場
10月28日(日)13:00~ 
北茨城市商工会会議室

水戸会場
11月10日(土)13:00~
茨城大学図書館1階「天心・六角堂復興プロジェクト」特設会場

【主催者】映画「天心」製作委員会 http://eiga-tenshin.com/official/
【留意事項】
1.採用された方には、御連絡を差し上げます。応募書類等の個人情報につきましては、エキストラ募集に関する目的にのみ使用します。なお、合否判定に関するお問い合わせには応じかねます。応募書類は返却いたしません。
2.ボランティアとして参加いただきますので、オーディション会場および撮影場所までの交通費・謝礼等は原則としてお支払いいたしませんので、予めご了承ください。
3.参加記念として粗品を進呈します。

 茨城大学では、このたび 「天心・六角堂復興プロジェクト」 の活動で「2012年度グッドデザイン賞」 (主催 : 公益財団法人日本デザイン振興会) を受賞いたしました。 「天心・六角堂復興プロジェクト」 は平成23年3月11日の東日本大震災に伴う大津波により流失した 「六角堂」 (登録有形文化財) を再建するために天心遺跡の管理者である国立大学法人茨城大学が発足させたプロジェクトです。
再建にあたっては、 「岡倉天心記念六角堂復興基金」 を設立し、国内外の多くの方々に呼びかけると共に茨城県建築士協会の協力を仰ぎ、多才な専門家たちと様々な角度から創建当時の六角堂の検証を行い、 「天心の想いを込めた創建当初の姿に復元する」 という8点の復元方針のもと、各方面の協力を得ながら再建を進め、平成24年4月17日竣工を迎えことが出来ました。
なお、 「天心・六角堂復興プロジェクト」 は11月23日 (金) から東京ビッグサイトで開催される受賞発表展 「グッドデザインエキシビジョン2012」 に出展されます。表彰式は、11月22日 (木) に同会場で開催される予定です。

「天心・六角堂復興プロジェクト」が「2012年度グッドデザイン賞」を受賞!
     http://www.ibaraki.ac.jp/news/2012/10/011814.html

審査委員の評価

 明治38年岡倉天心自ら設計し建てた五浦六角堂は、平成15年に登録有形文化財に認定されたが、東日本大震災の大津波よって台座を残して流失した。失ってその力の大きさを改めて感じ、多くの人々から再建を望む声があがった。茨城大学が中心となり、行政、市民、文化財、観光関係と連携、設計にあたっては茨城県建築士会や専門家たちとさまざまな角度から創建当時の六角堂の検証を行い、関係者が一体となって再建したプロジェクトである。それは単なる復元という枠を超え、創建当初の天心の精神をも読み取ることで、被災した多くの人々に勇気や希望を与え、地域振興の力に繋げた意義は大きい。

担当審査委員| 南雲 勝志 (ユニット長) 大島 礼治 黒川 玲 手塚 由比 堀井 秀之 森田 昌嗣