復興支援映画 岡倉天心をテーマとした映画「天心」

プロジェクト

投稿カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter でフォロー

ブログ用バナー

tenshinbanner

リンクバナーとしてご利用下さい

石井竜也氏発案の缶バッヂ

tenshin okakura

価格:1個300円(税込)

(2012.1.22 02:02 MSN 産経ニュースより)

 ■六角堂 祈る再建

近代美術に大きな足跡を残した岡倉天心(1863~1913年)を描く映画「天心」が11月にクランクインする予定になり、松村克弥監督が21日、映画製作への支援を呼び掛けた。天心ゆかりの「茨城大学五浦美術文化研究所六角堂」(北茨城市大津町)が東日本大震災の津波で流失したが、松村監督は記録映像「天心・六角堂復興プロジェクト」の撮影も進めており、同日、前編の上映が始まった。

映画は、天心生誕150年、没後100年に当たる来年の公開を目指す。水戸市出身の渡辺裕之さんの出演が予定されているほか、県内出身俳優らと出演交渉を進めている。

松村監督は「天心が五浦に移ったときは都落ちと揶揄(やゆ)され、どん底の時期だったが、そこから横山大観らを育て、後世に残る作品が生み出された。茨城も震災で厳しい状況だが『ここから始まる』というメッセージを発信し、茨城、日本を元気付けたい」と意気込みを示した。

3年前から構想が進められており、製作委員会の河本隆プロデューサーは「土台しか残っていない六角堂の写真には強い衝撃を受けたが、茨城の仲間が『やろう』と言ってくれ、作らなければいけない映画だと思った」と支援を訴えた。2億円を目標に協賛金を募っているが、1割程度しか集まっていないという。

一方、記録映像は茨城大の協力を得て撮影を進め、六角堂流失から昨年11月の再建起工式までをまとめた前編(約20分)が完成。3月31日まで「桜田門外ノ変」オープンロケセット・記念展示館(水戸市千波町)で上映される。

 

[過去の茨城新聞の写真より]

    

震災前の六角堂(左)と 津波により流失し、土台のみとなった六角堂(右)